「アフィリア・クロニクルS」ご新規様セットなるメニューを頼んだ。

「アフィリア・クロニクルS」に行ってきた。

今回のレシートはこちら。

ドリンクセット(チャージ料+ドリンク+魔法写真) 1,900円
―――
計1,900円

メニュー表は親切な内税表示だった。

ドリンクセット

4つあるご新規様セットのなかの1つ。

チャージ料+ドリンク+魔法写真で1,900円。

①チャージ料

席に座っているだけでかかるお金のこと。席料。

チャージ料は女性400円/1時間、男性700円/1時間。

なのだが、システムが結構細かかったのでそれはべつの記事で詳しく。

とりあえずは「初回来店なら、ご新規様セットのドリンクセットを頼んで1時間で出れば1,900円ぽっきり」と考えればオッケー。

時計は自分で見てチェックしないと自動で延長される。延長になると最低でも女性は550円、男性は700円プラスのお会計になってしまうのでご注意を。

②ドリンク

エルフ・ココ(単品だと900円)

ココアの上に生クリームとチョコレートソースがかかっている。おいしくなる魔法はなかった(ドリンクによって呪文があったりなかったりするっぽい)。

私はこのたび、生クリームを溶かしながら飲むという貴族みたいな技を発見してしまった。生クリームを溶かすと、ストローを吸うときの感触がもったりして豪華。おいしかった。

単品で900円だと、たぶんメイド喫茶全体の相場としてはパフェの値段なので、そう考えるとちょっと高い。

ただ聞いてくれ。

ドリンクセットで頼めるドリンクは、(たしか)シャンパン以外なら何でもオッケー。太っ腹である。セットで頼めるドリンクといえば「メニューの中の安い方のやつ」というイメージだったので驚いた。

ソフトドリンクは600円~900円、シャンパン以外のアルコールは700円~1200円。

③魔法写真

後輩(キャストさん)とのツーショット記念撮影。単品では頼めない。

誰と撮るかは注文時に決めなくてもいいらしい。後輩が何人も席に来て話しかけてくれるから、その中から一緒に撮りたいと思った子にお願いすればいいそうだ。

一緒に撮る後輩が席まで呼びにきてくれた。そして男性スタッフさんがお店のロゴ前で、デジカメで撮影してくれた。

今までチェキしか撮ったことのない私は「デジタルじゃん」とうろたえた。

印刷に時間がかかるのかと思いきやそんなこともなく、すぐに印刷したものを後輩がテーブルまで持って来て、目の前でお絵描きしてくれた。お絵描きしている間1~2分喋れたのが嬉しかった。

サイズは普通の写真サイズなのでチェキ帳には入らない。

もらえるのは剝き身だった。チェキより大きく柔らかいので、適当にしまったら曲がったり折れたりが怖い。

問題はここからだ。私の頭におがくずがつまっていることは再三申し上げているとおりで、いまだにチェキ帳なり写真用のスペースなりをあらかじめ用意するというクセが身につかない。ポーチに入れて帰ってきた。

意外と無事に持ち帰れた。

そのほかのご新規様セット

デザートセット 2,500円
チャージ料+デザート+ドリンク+魔法写真

フードセット 3,300円
チャージ料+フード+ドリンク+魔法写真+限定グッズ

スペシャルセット 4,100円
チャージ料+フード+デザート+ドリンク+魔法写真+魔法披露+お守り

ふだん単品で頼めないメニューが入っているので「単品で頼むより〇円お得!」とは言えないけど、メイド喫茶全体のセットメニューの中ではかなりお得だと思う。

たとえばスペシャルセットを男性が頼んだ場合、

<それぞれ一番高いメニューをえらんだ場合>
チャージ料(700円)+フード(1,500円)+デザート(900円)+ドリンク(1,200円)=4,300円

<それぞれ一番安いメニューをえらんだ場合>
チャージ料(700円)+フード(500円)+デザート(700円)+ドリンク(600円)=2,500円

こうなる。値段の幅がすごい。

この上で魔法写真+魔法披露+お守りがついてくる。

それぞれ一番安いメニューをえらんだ場合でも、魔法写真と魔法披露とお守りが各533円の計算だ。一番高いメニューを選んだ場合は食べ物飲み物チャージ料で元が取れているという恐ろしさ。

いままでメイド喫茶で見てきたセットのなかで一番お得感がある。新規を引きこもうとする本気がすごい。

まとめ

楽しかった。

最初に公式サイトでメニュー表を見たときは「高い」と思ったけど、後輩がたくさん話しかけに来てくれるしセットメニューが太っ腹だしで、全体的に見るとそこまででもないかな、という印象。

初回だけで考えるならかなり安い。接客スキルも全体的に高くてフランクで、ものの数分で仲良くなったと錯覚してしまった。

チャージ料について、CLASSカードについて、セットメニューを頼まない場合の予算についてはべつの記事で詳しくまとめる予定。

そして入店から退店までの流れもまとめる予定なのでしばらくお付き合いください。

関連記事

「アフィリア・クロニクルS」の記事

「アフィリア・クロニクルS」ご新規様セットなるメニューを頼んだ。(この記事)

「アフィリア・クロニクルS」チャージ料と予算。

「アフィリア・クロニクルS」店内のようす&入店から退店までの流れ。

そのほかのメイド喫茶の記事

メイド喫茶の関連記事まとめ(リンク集)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする