「キュアメイドカフェ」に行ってきた。料金と感想。

今回の私のレシートはこちら。

①チャージ料 0円
②手作りオリジナルクッキー 400円(税抜き)
③夜明けのハーブティー 500円(税抜き)
―――
900円+税=972円

お会計、メイド喫茶めぐりで初の3ケタである。

いちばん異世界っぽさを感じた。

静かで上品な雰囲気なんだけども、壁際のテーブルは物置用になっていて段ボールが重なっていたり、秋葉原っぽいアットホームさもあって、すごく好きな空間だった。

そこに座っている自分にも酔える。物静かな女の子の家に遊びに行ったらこんな感じの空気感かな、と思った。

計972円で自分に酔ってきた。

①チャージ料 0円

チャージ料はかからない。

メイド喫茶は、チャージ料(席料ともいう。そこにいるだけでかかる場所代のこと)がかかるお店が多い。平均1時間600円くらいである。

キュアメイドカフェはチャージ料がないので、お会計がその分ぐっと安くなる。そして一定時間ごとにドリンクを頼むワンドリンク制ではなく、ワンオーダー制だ。

つまりはふつうのファミレスと一緒で「何かしら一品以上注文すればどれだけ長居してもいい」ということだ。頼むのはドリンクでもいいし、スイーツでもいいし、フードでもいいし、何でもオッケー。さらにファミレスと同様、混雑時は90分で退店をお願いされる。

②手作りオリジナルクッキー 400円+税

ハンドメイド感がお店の雰囲気とよく合っていた。見た目もシンプルだから「友達の素敵なお母さんが作ってくれた感」がある。

妄想のなかで物静かな女の子の友達が着々とできあがってしまう。

味は時々によって違うらしい。私は日替わりに弱い。毎日ちがう味になるというのが、お店が生きている感じがして嬉しくなる。

さて、私はいま語彙力の限界を悟ったので、味の感想はオノマトペでお送りしよう。

べたべたではなくさらさらした感じだった。かといってぱさぱさまではいかず、さくさくした食感で、アーモンドがぽりぽりしていておいしかった。

落ち着く味だった。

お皿に5枚で400円+税なので、値段のお得感はアイスや生クリームののっているワッフル(500円+税)の方があると思う。

さらに、スイーツを頼むとソフトドリンク&紅茶(400円~700円)が300円でセットにできる。もうメイド喫茶の価格じゃない。

③夜明けのハーブティー 500円+税

私は馬鹿の一つ覚えでどこに行ってもカフェオレが好きだし、キュアメイドカフェはスイーツに+300円でソフトドリンク&紅茶をつけられるのでつまりカフェオレが破格の300円だったわけだが、今回の私はちがった。

夜明けのハーブティーを頼んだ。セットドリンク対象外である。

まず名前がいい。「宵待ちのハーブティー」「夜明けのハーブティー」とふたつ並んでいたら誰しも心が躍るんじゃないだろうか。

余談だが私は高校時代、とくに数学では「文章問題は分からない単語が出て来た時点で先を読むのをやめ、その単語に固執しつづける」という悪癖があった。

今回もその悪癖が出てしまった。「バタフライピー」である。宵待ち&夜明けのハーブティーは、バタフライピーを使用したハーブティーらしい。

知っている単語の組み合わせでいちばん近いのは「フライピーナッツ」だ。おそらくフライしたピーナッツ的な何かから搾り取った的な何かなんだろう、と思い注文した。青色の紅茶のことだとさっき知った。

運ばれてきたハーブティーは、インスタ映えする派手な感じじゃなく、静かに眼球映えした。綺麗だった。

ハーブティーといえばジャスミンティーなんだろう、と思っていたのだが全くちがった。ああいうまろやかさは無い。

飲んだことのない味だった。ジャンルとしてはすっぱい。結構つよめにすっぱい。そして爽やかだ。

すっぱさの後に植物っぽさを感じるという部分は、シソに近いかもしれない。でも味はシソとも全然ちがうのだ。

温度の問題なのか下にたまっているシロップがあまり混ざらず、最後の一滴は激甘なのかと思ったら最後の一滴まですっぱかった。シロップどこに溶けたんだろう。

見た目はジュースっぽいのに味はストレートのレモンティーとか、そういうキリッとした系統だ。ギャップがすごい。実際にレモン果汁が入っているらしい。レモン果汁の本気を感じた。

予算

最低予算

おやつの場合は400円+税。

400円+税で頼めるおやつ系は、スイーツ(本日のアイスorシャーベット/手作りオリジナルクッキー)か、紅茶(オーガニックアイスティー)か、ソフトドリンク(エスプレッソ/ホットミルク/アイスコーヒー/オレンジジュース/グレープフルーツジュース/コカ・コーラ/ジンジャエール/レモンスカッシュ/アイスミルク)。

お酒を飲みたい場合は、カクテルがALL500円+税。

ごはんを食べたい場合は800円+税。

800円+税で頼めるのは欧風カレーだ。もしくは850円+税のオムライスか、880円+税のパスタ(たっぷりトマトのパスタ/ボロネーゼ)あたりが一番安い。

予算が安い最大の理由は、チャージ料(=席料。座っているだけでかかる場所代のこと)がないこと。

おいしくなる魔法やチェキなどのメイド喫茶っぽいメニューはないので、楽しみ方はふつうの喫茶店と同じ。最低予算で置いてけぼり感をおぼえたり手持無沙汰になることがない。

そして。

メニュー表の最後のページにLINEの友だち追加の案内があり、これを会計時注文時に見せるとソフトドリンク1杯無料クーポンになるらしい。

このクーポンをつかえば400円でクッキーかアイスを頼んで、無料でソフトドリンクもついてきて計400円+税。気前の良さが恐ろしい。

楽しめる予算

最低予算でじゅうぶん楽しめる。おやつなら予算1,000円で豪遊できる。

次わたしが行くなら、きまぐれワッフル500円+税に、プラス300円でオススメらしい自家製ジンジャエールを飲んでみたい。

関連記事

「キュアメイドカフェ」の記事

「キュアメイドカフェ」に行ってきた。料金と感想。(この記事)

「キュアメイドカフェ」入店から退店までの流れ。

「キュアメイドカフェ」LINEのクーポンで計540円の豪華おやつ。

そのほかのメイド喫茶の記事

メイド喫茶の関連記事まとめ(リンク集)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする