JR秋葉原駅からメイド喫茶へ行く。交差点までの行き方。

メイド喫茶めぐりをはじめて、驚いたことがある。

範囲がせまいのだ。

JR秋葉原駅から徒歩10分以内にほぼすべてのメイド喫茶がおさまっている。

この地図を見てほしい。

参照:グーグルマップ

この地図は上の端から下の端まで歩いて10分弱という狭さなのだが、ありとあらゆるメイド喫茶はだいたいこの中におさまっている。

私の経験上、JR秋葉原駅から出発してメイド喫茶へ行く場合、

参照:グーグルマップ

である。

とりあえずこの交差点にたどりついておけば試合には勝っているので、勝利後の打上として各々のメイド喫茶へ行けばいい。

しかもこの交差点にたどりつくのがそんなに難しいのかというとそんなことはなく、駅から徒歩1分である。

まず電気街口の改札を出たら右に曲がる。

改札を出た瞬間とにかく柱の数が多くて、私はいつも「柱を避ける」しか考えられなくなってしまう。柱を避けながらとりあえず右に曲がる。

右に曲がると見えるのがコレだ。

秋葉原はおもしろいことに、駅を出た瞬間の景色はビジネス街である。あ、じっさいビジネス街なのかもしれない。よく知らない。

そのビジネス街のボスみたいな、手前に見える大きいビルの下は完全に歩道である。いつも人がたくさん歩いている。

交差点に向けて歩きはじめる。

そこそこ怪しそうな人に声をかけられても、柱しか見てはいけない。

ちなみに私がいままで声をかけられた中で一番テンションが高かったのは「海は好きですか!」である。

私が「ははっh」とコミュ障独特の愛想笑いを浮かべると、そのあまりのぎこちなさに恐れをなしたようで「そっすか!」と離れていってしまった。

まあいい。

私はもういい大人なので、小学校のとき教わった「しらない人にはついていかない」を徹底できるようになったのだ。誰か褒めてほしい。

さて、柱をめざす。

だんだん近づいてきた。

正面に見えるのがめざしてきた柱だ。ここを左に曲がる。

左のほうに見えるのはもう例の交差点である。

もうつく。このへんから秋葉原らしいゴチャゴチャした看板が見えてくる。

ついた。

日曜の午後は歩行者天国である。車道まで人間がたくさんいるのに歩道にも平日以上に人間がたくさんいるという驚きの光景が広がっている。

だれかの自撮りには写りこんでしまう。

いま歩いた道のりをざっくり図にすると、

参照:グーグルマップ

これである。

体感時間としてもこの記事とほとんど差がない。

「駅前でテンション高い人に『海は好きですか!』って声かけられてぇ」というつまらない話に聞き手が3回「へぇ」と相槌を打ったくらいで着く。

1分。

というわけで試合に勝った。

打上だ、メイド喫茶へ行こう。

関連記事

メイド喫茶の関連記事まとめ(リンク集)

「佐藤が叫んだ」無料メルマガ。

利用規約を読んでメールアドレスを入力&送信していただければ、不定期であなたのメールボックスにエッセイをぶちこみます。

メルマガ登録・解除
佐藤が叫んだ
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする