海賊メイドカフェ「グランドパイレーツ」に行ってきた。感想と料金。

トイグループ系列店4つめ「グランドパイレーツ」に行ってきた。

メイドさん(グランドパイレーツでは船長さんと呼ぶらしい)と話せた時間は、今まで訪れたメイド喫茶の中で最長だった。

楽しかった。そして今回もコスパがお強いのだよ。

① チャージ(私は無料だった)
② 船長からの激励(2,300円)
③ 船長との密談(1,000円)
―――
合計3,300円

メニューは良心的な税込表示。

①チャージ(私は無料だった)

平日女性ファーストチャージ無料、ということで、私は平日に1時間だけ滞在したので無料だった。

グランドパイレーツは「チャージ料+ワンドリンク」

チャージ料とは、席に座っているだけでかかるお金だ。

グランドパイレーツでは、チャージ料1時間600円がかかる。そしてチャージ料とは別に、1時間に1杯飲みものを注文しなくてはいけない。この飲み物が、一番安いもので600円である。

なので、一番安いお会計は、「1時間席に座って1杯飲み物を注文した場合」つまり「チャージ料600円+飲み物代600円=合計1,200円」だ。

延長は声かけナシの自動延長

さて、私にとって一番悩ましいのは「1時間に1杯飲みものを注文する」という制度である。

たとえば延長を30分した場合、チャージ料は1時間600円+延長300円=合計900円だ、実にわかりやすい。

ではワンドリンクはどうなるのか?

「1時間に1杯飲み物を注文する」ということは、1時間半なら追加でドリンクを注文する必要はないのだろうか。

グランドパイレーツでは確認するのを忘れてきてしまった。

グランドパイレーツ以外の、ほかのトイグループ系列店をめぐってきた感じ、おそらく1時間半滞在ではドリンクを2杯注文しなくてはいけない。

えらそうに喋ってるくせに自信がなくてすみません。

②船長からの激励(2,300円)

私が頼んだワンドリンクは「船長からの激励」。

船長さんがオリジナルカクテルを作ってくれる、プラス、カラオケで1曲歌ってくれるというメニューだ。

オリジナルカクテルは、アルコールかノンアルコールかを最初に聞かれた。

味は、特に何も伝えなければ船長さんが作ったカクテルを持って来てくれる。苦手な味やアレルギーがあれば最初に伝えておくのが吉。

店内をキョロキョロ見回していると激オシャンティな飲み物を持ってきてくれた。

グレープフルーツジュースと何かをジンジャーエールで割ったというハイレベルな飲み物だ。ふだん家では馬鹿の一つ覚えで毎日毎日インスタントコーヒーを飲み続けているので刺激がつよい。

おいしかった。

そしてカラオケ。

「この中から選んでください」的な選択制かと思ったら、お互いの知ってる歌や好きな歌を擦り合わせていって、船長さんのレパートリーの範囲で歌ってもらう、というものだった。

カラオケで友達に「なんか歌ってよー」というのと同じノリだ。

私は席に座ったままで、船長さんはステージに立ってマイクで歌う。パイレーツ系の映像が流れてたテレビ画面がカラオケに切り替わり店内の照明も暗くなるという、店内総カラオケ仕様。

1曲フルで自分のために歌ってくれるってめっちゃ嬉しかった。船長さんが歌っている間、アイコンタクトとってくれる度にときめいていた。

オリジナルカクテル

オリジナルカクテルのメニューがいくつかあった。オリジナルカクテル単品は1,100円。

そしてアトラクションがついているメニューだと、ブロマイド付きは1,300円、チェキ付は1,900円。カラオケ付きが2,300円だ。

1,600円で、オリジナルカクテルにプラスして、腕を交差させてショットグラスを一気飲みするという海賊みたいなメニューがあった。ショットグラスは実物を見たことがないのだが、ショットグラスと聞くとアニメ『日常』のドッピオを思い出す。サイズ的にはあのくらいなんだろうか。

オリジナルカクテルは目の前で作ってもらえるわけじゃないので、船長さんの手作りという事実で心躍る人向け。

アトラクション単品メニュー

カクテル無しの、アトラクション単品メニューもある。

あるのだが、メニューと値段、くわしくは忘れてしまった。チェキは800円、ゲームは1,050円だった。

アトラクションだけが目当てなら、ソフトドリンク+アトラクション単品メニューの頼み方がおすすめ。ドリンクがオリジナルカクテルより素っ気なくなるぶん、安くすむ。

例:チェキ
チェキ付オリジナルカクテルは1,900円。
ソフトドリンク600円+チェキ単品800円なら合計1,400円。

とはいえオリジナルカクテル付きでしか頼めないアトラクションがあったり、単品でしか頼めないアトラクションがあったりしたので、そのへんはメニュー表と相談かもしれない。次行ったら単品のゲームを頼んでみたい。

単品だと、ビンタが印象的だった。ぜひ日常の嫌なことを物理的に叩き出すためにも叩かれてきてほしい、そこの君。私は一回閲覧してから頼むかどうか決める。

トイグループの系列店には、この暴力系メニューがひとつある(たしかクラウンティアラは四つん這いになって踏んでもらえる)。いつも頼もうか迷って勇気がでない。可愛い女の子に踏まれたいだろ結局。結局さ、踏まれたいんだよ。興味あるんだよ。

ところで今、全然関係ないのだが、中学の修学旅行中に配られた紙パックの緑茶を唐突に思い出した。なぜだろう。脈絡がないにもほどがある。もうすぐお迎えが来るんだろうか。勘弁してほしい。

④ 船長との密談(1,000円)

トイグループの系列店には、1,000円でメイドさんと話せるメニューがある。コレがマジでオススメである。

ドリンク一杯プレゼントという名目で、最初に乾杯して最後に空グラスで乾杯するまでおしゃべりできる。

メイドさんは海賊の船長さんという設定だが、お喋りは世界観なく、普通にフランクだった。メイド喫茶の話をしたり、好きなスポーツの話をしたり、たのしかった。

そしてなんと、今回は前人未到の50分(入店から退店まで)つきっきりだった。放置時間ゼロ。

思わず「ずっとお話ししてくれるんですね」と言ってしまったのだが「いま他に乗組員さん(お客さん)いないですし」というイケメン発言が返ってきた。

たしかにフロアにお客さんがいなかったのは大きいかもしれない。フロアにお客さんがいなければ構ってもらえることを知っていたので開店直後の17:01に入店したのもたしかである。

それでも、まさかここまで構ってもらえるとは思っていなかった。構われたがりとしてはガチで嬉しかった。みんな、開店直後に行ってみるといいよ。

トイグループ4店すべてでこのサービスを頼んできたけども「今回あんまり喋れなかったな……」ということが一度もない。店内に何組かお客さんがいても10~15分はお話しできた。

お金を払えば初見でも構ってもらえるのはありがたい。

予算

最低予算

ファーストチャージ無料の場合

最安はワンドリンクのみを頼んだ値段。

<ソフトドリンクの場合>
1時間チャージ 無料
ソフトドリンク 600円
―――
合計600円

<アルコールの場合>
1時間チャージ 無料
カクテル 850円
―――
合計850円

ごはん系を満腹食べたい場合は、最低予算プラス1,200~2,000円くらい。

ふつうにチャージ料金がかかる場合

<ソフトドリンクの場合>
1時間チャージ 600円
ソフトドリンク 600円
―――
合計1,200円

<アルコールの場合>
1時間チャージ 600円
カクテル 850円
―――
合計1,450円

ごはん系を満腹食べたい場合は、最低予算プラス1,200~2,000円くらい。

楽しめる予算は2,500円

1時間お店にいるだけなら1,000円前後で大丈夫だが、それだけだと、お店が混んでいたらとくに放置時間が長いと思う。

<いちばん安く楽しめそうな組合せ>
ソフトドリンク(600円)+クリスタル(メイドさんとおしゃべりできるやつ。1,000円)=合計1,600円(チャージ料かかる場合2,200円)

<いちばん安くチェキを撮れる組合せ>
ソフトドリンク(600円)+チェキ単品(800円)=合計1,400円(チャージ料がかかる場合2,000円)

まとめ

構ってほしければ開店直後に行こう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする