不思議の国のアリスメイドカフェ&バー「クラウンティアラ」感想と料金。

店内の様子

先日行ったお星さまメイドカフェ&バー「スターライトノベル」が楽しかったので、系列店へ行ってきた。

今回私が頼んだものはこちら。

①1時間チャージ 無料
②アリスの囁き 1600円
③マジカルドリンク 1000円
―――
合計2600円

メニューは良心的な税込み表示。今回もコスパが最強。

2600円で超楽しめた

スターライトノベルは①料金についての記事、と②全体の流れの記事、のふたつ書いたが、ふたつ分の記事を一言でまとめると、「2750円でめっちゃ遊べた」ということだった。

今回は「2600円でめっちゃ遊べた」である。

感想がかわりばえしないのは、店の雰囲気やコンセプト云々の問題ではまったくなく、私の脳みその問題だ。金額がかわりばえしないのは財布の問題である。

雰囲気や全体の流れはべつの記事で詳しくご紹介したいので、ひとまず今回は料金について。

①1時間チャージ(無料)

私が行った日はイベントの狭間だったらしく、女性客ファーストチャージが無料だった。女性客であっても、タイミングを狙わないと有料である。

イベント時以外の平日

お嬢様(女性客)のみ最初の1時間無料+ワンドリンク。
1時間すぎると延長30分からはチャージ料400円/30分がかかり、追加でワンドリンクオーダー必須(「1時間につき1杯」だそうなので、1時間半滞在でも丸2時間滞在でも2杯だと思います)。延長は声かけナシの自動延長。

通常のチャージ料

1時間800円+ワンドリンク。
自動延長で、延長料金は400円/30分、追加でワンドリンクオーダー必須(「1時間につき1杯」だそうなので、1時間半滞在でも丸2時間滞在でも2杯だと思います)。延長は声かけナシの自動延長。

チャージのはかりかた

私は初来店だったので最初にメニューや注意点を説明してもらい、その説明が終わってからチャージスタート。

私的にはメニュー説明もメイド喫茶の楽しみの一環なのだが、純粋に席で楽しめる時間が丸々1時間あるのだ。しかも「18時15分ちょっと過ぎてるので、じゃあ20分スタートで」という良心的サービス。

むかし1時間カラオケに入るつもりが、受付で時間スタート&1時間後受付にいなければいけない、だったため「実際部屋にいたのは40分程度だった」という経験があるので、ここのサービスが本当にうれしかった。

②アリスの囁き(1600円)

好きなアリスメイドさんのオリジナルカクテル+耳元での囁き。

オリジナルカクテルは目の前で作るわけではなく、味の希望を聞かれたあと、出来上がったドリンクを持って来てくれる。おいしくなる魔法はナシ。

・アルコールか、ノンアルか
・苦手な味は無いか
・炭酸は大丈夫か

注文のとき聞いてくれることに聞かれるまま答えればオッケーな仕様。

私は味について「甘いか濃いか独特か」しか分からないのだが、これはシンプルに甘くておいしかった。偏見でいうと、高い飲み物にありがちなすごく濃いとか独特な味とかでもない。サイゼのドリンクバーや「これは普通においしいよね」というペットボトル飲料と同程度の味だと思ってもらえれば。そして見た目は最強インスタ映え間違いなし。

さて、本番はここからだ。メイド喫茶は萌えを求める場所である。
「アリスの囁き」はアリスメイドさんが耳元で囁いてくれるオプション付きである。

いままでメイド喫茶を数軒まわりお絵描きつきのメニューなんかも頼んできたのだが、アリスの囁きによってついに「メイド喫茶をこえた」という感覚が味わえた。

セリフはリクエスト形式。「明日も頑張れ的なやつお願いします」とリクエストして実際囁いてもらったので私はいま絶好調の余生を送っている。

セリフはアリスメイドさん自身がリクエストにそって考え、アニメ声のセリフ調で囁いてくれる。「ちゃんと長めのセリフ考えてくれるんだ」「アニメ声&セリフ調なんだ」「マジで耳元なんだ」「これメイド喫茶でやっていいんだ」と脳内各方面からの刺激が強かった。

即座に脳内会議が行われ、法には触れていないと議決したためじわじわと萌えが後からきた。

③マジカルドリンク(1000円)


好きなアリスメイドさんにドリンク一杯プレゼント。何を飲むかはアリスメイドさんが決めるっぽい。ドリンク一杯分席についてくれるというサービス。

私が入店した時ほかにお客さんがゼロだったこともあり、20分くらいガチノンストップでお話ししてくれた。そして乾杯で終了。

チャージ無料だったので、チャージ料みたいな値段で20分もばっちりお話ししてくれたあげく「ありがとうございました」と乾杯してもらえるのマジ気持ちいいから行くなら頼んだほうがいい。

ここでマジカルドリンクはおしまい。アリスメイドさんとたくさんお話しできる時間は終わりかと思いきや、ほかのアリスメイドさん、帽子屋さん(男装さん)が来てくれて、放置時間はほぼゼロ。

おどろきのゼロ。混んでいるとなかなか喋れないらしい。

早い時間は空いていて終電間際はほぼ満席というのが常なようで、私が入店したのは18時過ぎなのだが、私がその日最初の客だったらしい。19時頃から数人来店していたので、次回は17時入店18時退店したい。

特に「このアリスメイドさんと話したい」という希望がないのであれば、空いてる時ならマジカルドリンクは頼まなくても楽しめるのかも。

予算

最低予算

ファーストチャージ無料の場合

最安はワンドリンクのみを頼んだ値段。

<ソフトドリンクの場合>
1時間チャージ 無料
ソフトドリンク 600円
―――
合計600円

<アルコールの場合>
1時間チャージ 無料
カクテル 850円
―――
合計850円

ふつうにチャージ料金がかかる場合

最安はチャージ+ワンドリンクのみを頼んだ値段。

<ソフトドリンクの場合>
1時間チャージ 800円
ソフトドリンク 600円
―――
合計1400円

<アルコールの場合>
1時間チャージ 800円
カクテル 850円
―――
合計1650円

楽しみたいなら2500円

メニューを見た感じ、ごはんを満腹食べたいなら最低予算+2000円くらい。

ご飯無しなら2600円でめっちゃ楽しめた。メイド喫茶らしいエンジョイしたいなら、2品頼むとして予算は2500円。2000円だとメニュー表と真剣に見つめ合う必要があるけど3000円あれば余裕。間をとって2500円。

ワンドリンクには、アトラクション付き(手書きメッセージ入りブロマイド/囁き/チェキ/ステージでのライブ披露)のオリジナルカクテル(アルコールかノンアルか選べる)も含まれるので、メイド喫茶らしい楽しみを求めるならアトラクション付きがオススメ。

アトラクション付きオリジナルカクテルの価格は、1300~2300円。

安い順に手書きメッセージ入りブロマイド、囁き、チェキ、ステージでのライブ披露。

たとえばアトラクション付きオリジナルカクテル(1300円)+お絵かき付きフォンダショコラ(800円)=2100円。

そして何より初来店でアリスメイドさんとたくさんお話ししたいなら、おそらく頼むメニューよりも行く時間帯のほうが大事。平日は17時オープンなので、夕方早い時間に行けるならそれが最善だろう。

しかしスターライトノベルの時も思ったが、本当に穴場である。居酒屋みたいな価格で1時間楽しめる。

地図

参照:グーグルマップ

「佐藤が叫んだ」無料メルマガ。

利用規約を読んでメールアドレスを入力&送信していただければ、不定期であなたのメールボックスにエッセイをぶちこみます。

メルマガ登録・解除
佐藤が叫んだ
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

メイド喫茶の関連記事

メイド喫茶レビュー

◆私設図書館「シャッツキステ」◆
私設図書館シャッツキステに入るまでの葛藤(引きこもりVer)
私設図書館シャッツキステに行ってきた感想(引きこもりVer)
勢いに乗ってサイゼリヤに行ってきた(メイド喫茶との比較)

◆ハニーハニー◆
メイドカフェ「ハニーハニー」(秋葉原)に行ってきた感想。
メイドカフェ「ハニーハニー」(秋葉原)でおやつ。
メイドカフェ「ハニーハニー」(秋葉原)で夕飯。

◆ハートオブハーツ◆
学園メイドカフェ「ハートオブハーツ」に行ってきた感想①料金編
「ハートオブハーツ」に行ってきた感想②わくわくセット編
「ハートオブハーツ」に行ってきた感想③入店から退店までの流れ編

トイグループ系列店4店

トイグループ系列店まとめ(チャージ料、入りやすさ、トイレ)

◆スターライトノベル◆
お星さまメイドカフェ&バー「スターライトノベル」感想と料金解説。
お星さまメイドカフェ&バー「スターライトノベル」全体の流れと空気感。

◆クラウンティアラ◆
不思議の国のアリスメイドカフェ&バー「クラウンティアラ」感想と料金。(この記事)
「クラウンティアラ」入店から退店までの流れと雰囲気。

◆お姫様シンデレラコンセプト「シンデレラレジェンド」◆
メイド喫茶「シンデレラレジェンド」行ってきた。感想と料金。
メイド喫茶「シンデレラレジェンド」入店から退店までの流れ。

◆海賊メイドカフェ「グランドパイレーツ」◆
海賊メイドカフェ「グランドパイレーツ」に行ってきた。感想と料金。
海賊メイドカフェ「グランドパイレーツ」入店から退店までの流れ。

アキバ絶対領域4店

◆アキバ絶対領域◆
1号店「アキバ絶対領域」に行ってきた。料金と感想。
1号店「アキバ絶対領域」入店から退店までの流れ。

◆アキバ絶対領域A.D.1912◆
2号店「アキバ絶対領域A.D.1912」に行ってきた。料金と感想。
2号店「アキバ絶対領域A.D.1912」入店から退店までの流れ。

◆アキバ絶対領域+e◆
3号店「アキバ絶対領域+e」に行ってきた。料金と感想。
3号店「アキバ絶対領域+e」入店から退店までの流れ。

◆アキバ絶対領域A.D.2045◆
4号店「アキバ絶対領域A.D.2045」に行ってきた。料金と感想。
4号店「アキバ絶対領域A.D.2045」入店から退店までの流れ。

メイド喫茶にまつわるエッセイ

「萌え」と、雑居ビル。
ひきこもりの葛藤(アキバ絶対領域A.D.2045編)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする