アルバイトをはじめたら男性への苦手意識が少し改善された

アルバイトをはじめ、刺激の多い日々を送っています。

こんにちは、佐藤です。

バイトを始めたことによる大きな変化がこちらです。

「男性と話すことが増えた」

人生初のバイトで感じたことがこれかよ、と思われるかもしれませんが、男性への苦手意識の強い人にぜひ読んでほしいです。

アルバイトをはじめたら男性への苦手意識が少し改善された

私は今まで、ほとんど男性と関わらずに生きてきました。

学校はずっと共学だったのですが、男子生徒のことは意識的に避けてきました。

学校にいる男性は、教師以外、関わらずにいることが可能な人間たちです。

そのため私は「関わらない」を選択し続けてきました。

もともと男性への苦手意識が強くなったのは、中学生のときです。

中学1年入学時から1年半近く不登校をしていたことが原因で、最初はクラス全員に苦手意識がありました。

思春期で自意識過剰だったこと(今もですが)もあり、「みんな不登校だった私のことを馬鹿にしているんじゃないか」と思っていました。

しかし、女子とはコミュニケーションを”とらなければいけない”機会が多いので、繰り返し接触することで少しずつ改善されていきました。

そのまま高校、大学へ進み、女子に対する苦手意識はほぼ消えたのですが、男子に対しては漠然とした苦手意識だけが残ってしまいました。

相手が「男性である」というだけで、「馬鹿にされるかもしれない」と不安になり、コミュニケーションをとるのは仲良くなるためではなく、馬鹿にされることを予防することが目的です。

苦手意識の根っこにあるのは、「馬鹿にされているかもしれない」「鬱陶しがられているかもしれない」「気持ち悪いと思われているかもしれない」という、相手が自分に対してネガティブな感情を持つことへの恐怖です。

面白いことに、そこそこ会話が盛り上がったように感じた時も、あとで振り返ると、「あれは言わないほうがよかったかもしれない」「あの時の笑いかたは絶対私のことを馬鹿にしていた」といくらでも被害妄想を膨らませてしまうのです。

そして、関わらないことで(ポジティブな印象も残せないかもしれないけど)ネガティブな印象を残さない、という方法をとっていました。

しかし、バイトを始めてみると。

仕事を教えてもらったり、分からないことを聞いたり、近くに男性しかいない場合は、男性とコミュニケーションをとるしかありません。

事務的な内容でも、そこから逸れた世間話でも、コミュニケーションを”とらなければいけない”状況になると、意外とスムーズに話せるものだな、と思いました。

しかも「仕事のためだから」という前提があるので、あまり気負わずに話すことができました。

もし、男性へ漠然とした苦手意識を持っている人がいたら、男性とコミュニケーションを”とらなければいけない”環境に身を置いてみるのも一つの手段だなぁと思い、記事にしてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする