カラフルな奥歯

大きく口を開けて、洗面台の鏡をのぞきこみました。

日本の成人が抱く感情としては最もめずらしい、「わくわく」を感じていました。

カラフルな奥歯

今朝のことです。

「マーブルチョコ食べた後の奥歯ってカラフルだよ」

リビングで姉が楽しそうにマーブルチョコを頬張っていました。

カラフルな奥歯というパワーワード。

私は衝撃を受けました。

何くわぬ顔で相槌を打ち、マーブルチョコ数粒をつまみ、気配を消して洗面所へすべりこみます。

なんてこった。

みなさんは今まで、カラフルな奥歯に出会ったことがあるでしょうか。

別に憧れたことはないけれど、見たいか見たくないかと聞かれれば、果てしなく見たいですよね。

大学3年の冬、私はついに、カラフルな奥歯と出会う機会を手に入れました。

明治 マーブルチョコ 32g【イージャパンモール】

価格:127円
(2018/3/7 16:55時点)
感想(0件)


オレンジ、水色、ピンク、黄色のマーブルチョコを、口の中に放り込み、音を立てて噛み砕きます。

夢があふれる音でした。

カラフルな奥歯って題材的に素晴らしいし、絵本を発行すれば即ベストセラーで一攫千金間違いなしではないでしょうか。

ギャップを狙うのであればSFもアリだなと、そんなことを考えていました。

さあ、いよいよです。

高鳴る心臓を抑えて、大きく口を開けます。

鏡をのぞきこんだ瞬間、静寂が訪れました。

ああ、世界は今日も静かだなと、捨て去ったはずの中二病ポエムが浮かびました。

なんてことはない、奥歯には、砂糖の白っぽい塊と、溶けた茶色のチョコレートがはさまっているだけです。

普通にきたないです。

たしかにカラフルな欠片を2,3見つけることはできましたが、これはあまりにも、現実主義が過ぎるのではないでしょうか。

その時、鏡の中の自分と目が合いました。

大きく口を開けて、いかにもアホみたいな顔をしていたので、そっと記憶から抹消しました。

何が言いたいかと言うと、ほどよく現実と向き合うことができて人生勉強になりました。

マーブルチョコは美味しかったです。

念入りな歯磨きが必要になりますので、みなさんもぜひ、試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする