誕生日プレゼントの購入を忘れていた。

誕生日プレゼントを選ぶのって、難しいですよね。

渡す相手が高校1年生からの付き合いで、私の貧困な想像力で考えられる物は、出し尽くしちゃったんです。

そのうえ、渡したものを覚えていない節がなきにしもあらず。

誕生日プレゼントという難題

この想像力の貧困さは、友達が少ないことによって、誕生日プレゼントを選ぶ機会自体が超少ないのも原因です。

トレーニング不足ですね。

毎年雑貨しか渡してないんですけど、毎年悩んでます。

悩みすぎて、雑貨という概念が分からなくなってくるレベル。

選ぶ基準は、

1.2000円前後
2.形に残るもの
3.自分がもらってうれしいもの
4.アタリ・ハズレの少ないもの

こんな感じです。

1つ目は、金銭感覚が高校生時代を引きずっているので、大学で友達になった人より相場が良心的です。

2つ目3つ目は、仲の良い友達だと、形に残るものの方が良いかなぁ、それでどうせなら、自分がもらって嬉しい物をあげるのが良いかなと。

もらって嬉しい路線で行くと一番は現金になっちゃうんですけども、かろうじてまだ現金をあげたことはないです。

だって「誕生日プレゼントだよ」って財布から英世さんが2人出てきたらって考えると、シンプルにドン引きしますよね。

そして最後4つ目、アタリ・ハズレは洋服とアクセサリーに多い気がします。私はセンスがないので手を出さないようにしています。

ここまでが、誕生日プレゼントを選ぶ前段階です。

……難しくないですか?

ショッピングモール的なところをぐるぐる歩き回って、結局いつも雑貨にたどり着いています。

手帳にくっつけるペンホルダーとか、マグカップの保温用のふたとか、そういう、あってもなくても構わないけどあったら使うような物をあげています。

つらいです。

今年もまた似たようなものにたどり着くんだろうなと思うとつらいです。

大したことないゴールが見えてるのに走るなんてできないよ!

どうしよう。

ポーチか。ポーチがいいのか。

ポーチなのか。

誕生日プレゼントって、正解がないですよね。

近しい出来事でいうと、「キタコレ!」と思う2000円の時計を見つけたのでプレゼントにしたのですが、あれが私の人生の誕生日プレゼント界隈におけるピークかもしれません。

記事を書いたら良いアイデアが出てくるかなぁと思ったのですが、出てきませんでした。

ぬいぐるみあげようかなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする