最後まで、ステップシークエンスがわからない

男子のフィギュアをテレビで観ていました。メダルすごかったです。

ジャンプは飛んで回るやつ、スピンは飛ばないで回るやつ、くらいしか分からないのですが、いろいろ種類があるみたいですね。

すごいなぁ……と思いながら観ていました。

ところで皆さん、ステップシークエンスってご存知でしょうか。

ステップシークエンスがわからない

ジャンプをした時に「4回転サルコウ」とか、「トリプルアクセル」とか言われると、なるほど今のジャンプはそういう名前なんだな、と思います。

スピンをしている時に「シットスピン」と言われたら、なるほどこの低い姿勢のスピンがシットスピンなのか、と思います。

でも、ステップシークエンスはいつも突然やってくるんです。

いまの動きの何が「ステップシークエンス」なのか、いろんな選手を見ても、その特徴が分かりませんでした。いまも分かっていません。

姉いわく、いろいろ規則があるみたいです。

むずかしいです。ジャンプやスピンの間に、突然「ステップシークエンス」がやってくるのです。

滑りながら上体を揺らすのがステップシークエンスなのか?……いや、違うらしい。じゃあ、小刻みに足を動かすこと?……いや、そうでもないらしい。

ステップシークエンスとは、何者なんだろう。

そう考えていたら、ふと、思いました。

もしかしたら私も知らないうちに、ステップシークエンスをしているのかもしれない。

ふだんの生活で考えてみましょう。

駅の改札を通るとき、突然「ステップシークエンス」と言われたら、どうでしょう。

ああ、いまのもステップシークエンスなのか。

そう思いながら学校に行きます。

授業が終わって、トイレに行こうとしたとき、突然「ステップシークエンス」と言われても、なるほどこれもステップシークエンスなのかと思うかもしれません。

ジャンプでもスピンでもないことは分かるし、おそらくステップに何かしら関係するものだと思うのですが、その共通点を見つけることができません。

それはもう、哲学です。果てしないです。

私は毎日5000歩ほど歩きます。

そのうち100歩くらいはスケートのステップに当てはまっているかもしれないし、さらにそのうちの20歩くらいは、ステップシークエンスに当てはまっているかもしれません。

難しい……。

ステップシークエンスって、何者なんだろう……。

結局分かったことは、「知識って偉大だな」でした。

ステップシークエンスが何たるかを知っているか知らないかで、今後の人生が変わります。

たとえばこの記事。

無駄です。

また、何の役にも立たない記事を書いてしまいました。

皆さんの言いたいことは分かります。

早く検索しろよ。

検索はしたのですが、理解できる脳みそを持ち合わせていなかったんです。

残念です。

最後まで読んでくださった方、私と一緒に時間を無駄にしてくれてありがとうございます。

関連記事

まだ時間が余ってるよっていう方は、

三ツ矢梅サイダーを湯船でぬるめた記事や、

日焼け止めとカラーコピーでオリジナルプリント封筒を作ろうとした記事も、

それぞれ2分ずつくらい無駄にすることができるので、ぜひ読んでいってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする