三ツ矢の梅サイダーを湯船に浮かべて温めたら異常に美味しかった

こんにちは。佐藤です。

佐藤は昨日、ペットボトルの梅サイダーを風呂に持ち込んで考え事をしていました。

湯船に梅サイダーを浮かべてみた

議題は主に、翌日書く記事についてです。

・散歩の時、温かい缶ココアを両手で飲んでいたら、ホッカイロになって丁度良かったのに、中身が残り3分の1になってからは保冷剤と化したこと。

・姉とすき家に行ったとき、しじみ汁のしじみを2人で数えたらどちらも32個だったこと。

・就活メールが大量に来ること。

どれも記事の題材には弱い。

私は悩みました。

どうしても弱い。発展のさせようがない。弱いのは、もしかしたら自分の頭かもしれない。

そもそもブログをはじめて5ヶ月経つのに記事のストックがないこと自体、頭が弱いのかもしれない。

明日の題材がないだけなら何とかなるけれど、頭が弱いのはどうしようもない。

これは困った。

そして何気なく、残り半分になったペットボトルを湯船に浮かべた時、翌日の記事の候補が浮かびました。

「梅サイダー、ぬるめて飲むか、チンして飲むか」

まずは湯船でペットボトルをよくぬるめます。

え?きたない?

いいんです密閉されてるから大丈夫なんです。

誰だって、明日書く記事すらひねり出せない将来フリーター確定の大学3年生になれば湯船に飲みかけのペットボトルを浮かべるんですよ。

5分ほど湯船に放置します。

蓋を開けます。

ちょっと密閉されてなかったかもしれないと一瞬後悔します。

持ち込んだタオルで口の部分を拭き、匂いをかいでみます。

すごい。

明らかに香りが強くなっています。

サイダーもすっかり抜けているので、香りの強い梅ジュースです。

一口飲んでみます。

私は嬉しくて、思わず一人でニヤニヤしてしまいました。

これで記事が書ける。

たとえるなら、高校のとき。

晩夏の文化祭前日、いつもより早く帰路についた午後二時。友だちとコンビニに寄り、アイスを買って一口目を口にしたあの瞬間を、みなさん覚えているでしょうか。

こみあげてくる何かを、覚えているでしょうか。

その何かを、私はぬるめた梅ジュースから感じました。

なにが言いたいかと言うと、美味しかったということです。

このあとチンして飲んでみたら、すこし香りの弱い梅ジュースになりました。

体はあたためられました。

湯船のあの絶妙なぬるさが丁度良いみたいです。

お暇な方はぜひ試してみてください。

ちなみに、この梅サイダーがいちばん美味しかった瞬間は、ふつうに炭酸の効いてる一口目でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする