泣いた翌朝に目が腫れた、試してみた対処法と3つの言い訳

将来が不安すぎて夜中に泣いていた佐藤です。こんにちは。

夜は寝とけよと思いますよね。私もそう思います。

寝れないんですよね。朝は起きれないんですけど。

最近風邪気味だったこともあって早寝してみたんですが、早寝からの遅起きからの昼寝までは体がついてきません。

睡眠時間足りすぎだよって夜中に目が覚める始末です。

早起き頑張ります。

さて、本題。

夜泣いた翌朝、鬼のような顔になっていました。とりあえず学校には行かなくちゃいけないので、ネットで見つけた目の腫れ解消法を試してみました。

目の腫れを引かせる方法

温める&冷やす

を、試してみました。

ネットで検索して一番上に出てくるので、一番メジャーなやり方ですかね。

蒸しタオルで温める

タオルに水をかけてしぼり、800ワットのレンジで30秒くらいチンしました。

仰向けで寝て蒸しタオルを目にあてると、「あー効いてる……」って感じがします。

難点はすぐ冷めてしまうことでした。5分くらい温めると良いってネットには書いてあったのですが、1分くらいでぬるくなってしまう印象です。

鏡を見てみると、顔はまったく変わっていませんでした。

目を温める用のアイマスクがあるらしいので、そういう専用商品を使った方が効果は大きいかもしれません。

金属スプーンで冷やす

金属のスプーンを冷蔵庫に入れて冷やし、それをまぶたに当てるという方法です。

ネットに書いてあったので試してみました。

冷やすのにどれくらいかかるかなと心配だったのですが、本当にすぐ冷えました。1分~2分で冷えます。ビバ熱伝導。

30秒も目に当てると温まってしまいますが、ネット情報によると、冷やすのは20秒程度で良いみたいですね。

鏡を見てみると、顔はまったく変わっていませんでした。

それを繰り返す

今回は温める&冷やすを大体3ラウンドくらい繰り返しました。

ちゃんと化粧をする時間と顔面的な余裕はなかったので、とりあえず人間に見える程度の顔に戻したかったのです。

3ラウンド終えて鏡を見てみると、少しはマシになったような気がしました。ほんの少し。

目が腫れた時の言い訳

1寝坊した

もともとむくみやすい、さらに寝坊してしまった。

→ナチュラルな言い訳です。

2涙活(るいかつ)した

夜中に感動したいと思って、泣ける動画を見たら思いのほか泣いてしまった。

→「ミスってねーしわざとだし」と同じ類いの言い訳です。

涙活とは:わざと泣いてストレス解消すること。

3よく分かんない

よく分かんないけど起きたらむくんでた。なんか最近むくむんだよね。

→次の会話に繋げるポイントが無さすぎて、「それ以上聞くな」と牽制する効果もあります。

以上、私がよく使う言い訳3つです。

誰かの参考になれば幸いです。

病む前に夜はやく寝ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする