ひきこもりなら、とりあえず柔軟しておけ

引きこもり体質の佐藤です。こんにちは。柔軟をはじめました。

理由は、体がやわらかくなればポジティブになれるんじゃないかと思ったからです。

引きこもると体力が落ちる

現在大学3年生、これから不安定な道に逃げるように飛び込もうとしている今、なるべく引きこもりやニートにならないことを目標にしています。

が。長い人生、少しくらいニートになる時間があるかもしれません。大事なのはポジティブに自分のできる範囲で次へ進んでいくことです。

でも一度引きこもりになると、立ち直るのはなかなか難しいですよね。それはなぜかと言うと、体力が落ちるからです。

私は中学生の時1年ほど、ほぼ引きこもりに近い生活をしていたのですが、とにかく体力が落ちました。

学校へ行くのが物理的に難しくなります。内臓がなんか、痛むんですよ。ぜえぜえ言うんです。指は鉛筆を持つ感覚を忘れたらしくブルブルしちゃって大変でした。

まず体力をつける

というわけで、不登校・ニートになった時に大切なのは、学校へ行くこととか、正社員になることじゃないです。

元気に暮らすことです。嫌なことから離れて、体力をつけて体が元気になれば心も元気になるし、心が元気になれば別の道が見えてきます。

そこで私は、とりあえず典型的なニートから形だけでも外れてポジティブになるために、柔軟をはじめてみました。

筋トレはハードルが高いので、それほどつらくない柔軟からチャレンジです。

不思議なもので、思考回路に結構いい効果をもたらしてる気がします。

内向的だったりネガティブな人のなかに、私と同じように体がかたい人がいると思います。

柔軟をしても将来の不安は消えませんが、そういう時陥りやすい「自分は何もできない……」思考がちょぴっと変わるのでオススメです。

今までできなかったことが目に見えてできるようになるし、毎日ちょっとでも「できた!」と思えることがあるので、自信になります。

割とすぐ効果が出る

1月5日に初めて今日で11日目。前屈で指先が床につくくらいになりました。

1日目から効果が目に見えます。

もともと体育座りすらまともにできないくらいガッチガチだったので、大きな成果です。寝起きにミシミシしなくて日常生活も楽になりました。

ネットで調べた体操を気分で試したりしながら、毎日大体30分程度、前屈がいちばん苦手なので前屈メインでやっています。

湯舟に浸かっているときに足を伸ばすのが時間的にも手間的にも負担にならなくてオススメです。

手のひらがべたっとできるまでは頑張りたいと思います。

それでは、私と同様ネガティブなみなさん。ぜひ、レッツ柔軟。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする