手帳初心者だし予定少ないけど手帳ほしい!コレを選べばオッケー!

手帳を買ったはいいけど書くことがない。

そんな経験ありませんか。

佐藤です。手帳を買いました。

ちゃんと手帳を買うのは(たしか)4年ぶりです。

アフィリエイトをはじめるまで、書くべき予定がなかったのです。

1ヶ月に1回くらい「友だちとお茶する」とか書いたところで、余白が目立ちすぎて寂しいじゃないですか。

そもそも予定が少ないとどうなるかって言うと、ぜんぶ頭で覚えちゃうんですよね。

でも手帳ってかっこいい。

現実世界では使い魔的なポジションです。

そこで今年、ロフトを見に行ったのですが、種類が多くてびびりました。

なので今回は、「手帳初心者かつ予定が少ない」あなたに手帳選びのポイントを教えます。

バーチカルタイプはやめておけ

バーチカルタイプは、時間単位で予定を書きこめるタイプです。

7時から22時までのもの、8時から24時までのものなど、書き込める時間は朝7時くらいから夜24時くらいまで、手帳によって幅があります。

基本は見開きで1週間分。片側のページがフリースペースになっているものもありました。

さて、このバーチカルタイプ。ぼっちの敵です。

たとえば

「12月18日
8:30~10:00 企画会議(企画書わすれずに)
14:00~17:00 A子とデート
18:00~20:00 B夫とご飯」

このように予定がつまっている場合、

こういう見た目になります。

それっぽいですね。

ところが。予定が企画会議のみの場合は、こういう見た目になります。

どうですか。

どうですか。

時間まで管理できるのは魅力的ですが、ぼっちに与える精神的ダメージは一番大きい手帳ですので、やめておきましょう。

週間レフトタイプは右側がいらない

週間レフトタイプは、左側に一週間分の予定を書いて、右側はフリースペースです。

この右側がウリだと思うのですが、予定が少ない場合は厄介です。

書くべきことは左側で十分足りるのに、真っ白な右側が「何か書けよ」と圧力をかけてきます。

「何か書かなきゃ」という焦りのもとに書かれたメモは中身がないです。

だいたい後で見返すとちょっと恥ずかしい黒歴史になります。

バーチカルほど強烈なダメージはありませんが、遅効性の毒なのでやめておきましょう。

結論

選ぶべきは「週間ブロックタイプor月間ブロックタイプ」。

週間ブロックタイプはこんな感じ。月間ブロックタイプは普通のカレンダーと同じ形してるやつです。

予定のなさが一番目立たないのは月間ブロックタイプ。

月間ブロックタイプだとちょっと足りないかな、という場合は週間ブロックタイプがオススメです。

私が買ったのも週間ブロックタイプです。

予定の少ないそこのあなた。手帳選びでダメージ軽減しましょう。

参考になればうれしいです。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする